樹木葬の陽光の杜 龍散禅寺

樹木葬/神奈川 陽光の杜東国花の寺

龍散禅寺の境内
龍散禅寺は曹洞宗を包括団体とする寺院で、金鳳山龍散禅寺と号する禅の名刹です。
龍散禅寺は東国花寺百ケ寺にも選ばれ、約六千五百坪の境内に四季を通じて様々な草花が咲き誇り貴重な山野草などを鑑賞することも出来ます。
都心から約50分あまりという立地条件もあり、 毎年季節の花を楽しむ多くの参拝者やハイカーの 方々が訪れています。
龍散禅寺のお花

龍散禅寺からのお知らせ
2018/5/7
・ゴールデンウイークも終わり、今月20日14時より観音大祭が行われます。10数名のご僧侶が集まり、祈祷会、及びお焚き上げが行われます。ご祈祷を申込をご希望の方は、5月12日までのお申込み願います。ご祈祷の趣旨は以下のとおりです。 (家内安全、身体健全、学業成就、家運栄昌、交通安全、社運隆昌、商売繁盛、安産祈念、霊位供養、発育増進、闘病平癒等)
2018/4/28
・東国花の寺百か寺の寺として登録されている日本しゃくなげの花がすでに満開となり、一部散り始めております。 ゴールデンウイークは、4月30日(月)及び、5月1日(月)の両日は、樹木葬陽光の杜の申込、契約は休みとしますので宜しくお願いします。
2018/4/12
・桜の花びらもすっかり落ちてしまいましたが、現在、ピンクの桃の花、つつじ、しゃが、及び西洋シャクナゲ等をみることができます。
2018/3/26
・春のお彼岸の期間中に多くの参拝客が訪れ、樹木葬のモニュメント前には、たくさんのお花が手向けられております。 ソメイヨシノは満開となりました。しだれ桜は、7分咲きです。昨年より1週間早く満開となりました。
2018/3/17
・明日から春のお彼岸の入りになりますが、週末であり、少し寒いものの、天候もよく多くの方が参拝に来られております。樹木葬のモニュメント前の献花台は、お花で一杯となっております。また、境内でも、寒桜が見頃を迎え、樹木葬の桜は、おかめざくらが満開です。山桜、ソメイヨシノは、まだですが、来週には、期待できそうです。
2018/2/23
・例年に比べ梅の花の咲くのが遅いですが、5分咲きとなっております。山門前の紅梅、山門をくぐるとしだれ梅、樹木葬のモニュメントに向かうと、白梅をみることができます。
2018/2/8
・寒い日が続きます。特に午前中は、境内の外にある水の蛇口からの水が凍り付き、水が出てこない状態が続いております。今日午後1時ごろからパラパラと雪が見えます。
2018/1/15
・本堂裏の擁壁工事が昨年末に終了し、本日は、仏式の地鎮祭が執り行われました。一般的に行われる神主による地鎮祭とは、異なりご住職及び副住職の読経のなか、鍬入れ、お焼香等が行われました。
2018/1/3
・新年あけましておめでとうございます。気温は低いものの、正月早々良い天気が続き、参拝客が絶えることなく来られます。樹木葬墓地 陽光の杜にはたくさんのお花が手向けられております。今年もよろしくお願いいたします。
2017/12/20
・18日(月)に須藤石材さんからの応援を得て、境内の大掃除を行いました。落ち葉が掃き清められ、大変すがすがしくなりました。 さて、年末年始の事務関連については、12月28日(木)から来年1月5日(金)までお休みとさせていただきます。 なお、参拝は年末年始自由にできます。また、1月元旦 午前10時から、観音堂にて1年の安寧を祈願する元旦祭が行われます。
2017/12/13
・朝方は、大変寒く空気がピーンと張っている感じがしますが、しばらく時間が経てば、陽が当たり、暖かくなります。樹木葬陽光の杜は、南に面していることから、ポカポカしており、たまにサルが日向ぼっこしている姿を見かけることもあるかもしれません。
2017/11/26
・本日は、強い風が吹いているため、落ち葉が舞っております。 モミジの葉は一部落ちるものの見頃を迎えております。 現在、本堂裏の擁壁工事が年内完成を目指して、進んでいます。工事車両が境内を行き来しておりますが、参拝の際は十分お気を付け願います。
2017/11/11
・境内の紅葉もまだ一部ですが、例年ですと11月下旬から12月初旬がピークとなりますが、今朝のような強風が吹けば、一気に葉が散ります。春の桜と同じように紅葉を楽しむ期間も短いものと思われます。 なお、15日は七五三。子供の健やかな成長を願って、寺社に詣でる計画をお持ちの方も多いでしょう。生命を頂いたすべての子供たちは、仏の子です。成長を喜びながら生かされている幸せを、家族みんなで味わいましょう。
2017/10/15
・先日まで、暑い日が、急に秋雨前線の南下と共に11月中旬の気温となり、風邪をひかないように健康に留意していきたいものです。しかしどんなに健康に留意しても、避けて通れないのは老いとその人生の終焉です。老いを必然として受け入れ自然に生きることが、安らぎに向かう道と思われます。
2017/9/25
・秋のお彼岸も一段落し、これから秋が深まってくるものと思われます。さて、10月3日(火曜日)は、龍散寺 仮本堂において、大施食会(お施餓鬼ともいわれております)が実施されます。13時から法話、14時から20数名のご僧侶が、故人及びご先祖様のご供養を行う儀式が行われます。
2017/9/16
・彼岸花が咲き始め、9月20日から秋のお彼岸の入りとなります。多くの方がお墓詣りに来られるものと思われます。しかしながら、今日から3連休に当たる方も多いと思いますが、台風が日本列島を直撃する予想となっており、十分注意する必要があります。
2017/9/4
・涼しい日が続きますが、気温の変化についていけず、体調を崩さないよう気を付けたいものです。樹木葬陽光の杜のモニュメントに桜の葉っぱが降ってきます。この時期落ち葉が増えてくるのは致し方ないようですが、これからが本番です。
2017/8/24
・先週は、夏にしては、雨と涼しい日が続き、また、夏の風物詩であるお盆のお墓参りに、多くの参拝客が、当寺を訪れました。今週は、暑さも戻り、外での草刈り等の作業が大変です。樹木葬も週末は、埋葬があり、準備が行われております。
2017/8/9
・この度の豪雨及び台風により各地で被害を受けられた皆様、ご家族等に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。 お盆にかけて今週から大勢の方がお墓詣りに来られるものと思われます。但し、残暑厳しく、大変暑い日が続く模様で、熱中症に気を付けてください。
2017/7/19
・残念ですが、境内のアジサイもだいぶ色あせてきましたが、まだ見ごろの個所もあります。さて、盂蘭盆会の法要が、8月13日(日)(檀家様中心に実施)及び8月14日(月)(樹木葬陽光の杜及び須弥山の埋葬者ご遺族中心に実施)の両日にわたり、午前11時から仮本堂(観音堂)において行われることになります。 新盆供養及び卒塔婆等の申し出がございましたならば、8月5日までにご連絡願います。
2017/7/12
・九州地方は大雨に見舞われ、大変な被害にあわれていることですが、一方当地は、毎日暑い日が続き、身体が暑さになれずに熱中症等に注意が必要になっております。 さて、境内の本堂はすっかり更地になり、かっての本堂裏の斜面の大木を取り除き、擁壁を作ることになっております。しばらく静寂の環境から遠のくかもしれませんが、一時的なこととご理解願います。
2017/6/14
・先週から本堂の取り壊しが始まり、トラック等の工事車両が境内を出入りしております。仮本堂として、観音堂の地下集会場を利用することにしております。 なお、樹木葬の見学、及び一般墓地等のお参りについては、支障なく行うことができますが、多少なりともご不便をおかけします。
2017/5/26
・本日は、雨が降っておりますが、ここ数日の暑さが、ゆるぎ、涼しくなりました。 現在、境内及び樹木葬 陽光の杜周辺は、サツキの花が満開となっております。 さて、明後日28日(日)は伊勢原観音大祭が行われます。午後2時からご祈祷会、引き続き、お焚き上げが行われます。皆様方のご参加をお待ちしております。なお、当日ご祈祷をご希望の方は、式の始まる30分前までにお申し出願います。
2017/5/4
・新緑が目に映える季節になりました。5月は、観音大祭が行われる月ですが、例年は、第3日曜日実施ですが、今年は、本堂の建て替えのために現本堂の取り壊しが行われるために、第4週の28日(日)午後2時からご祈祷がおこなわれ、引き続き、お焚き上げの読経が行われることになっております。
2017/4/10
・ソメイヨシノが満開となり、枝垂桜が8分咲きの状態です。桜以外に、ミツマタ、西洋シャクナゲ、ツツジ等、春の花が境内に咲いており、見頃となっております。
2017/4/2
・例年だとこの時期には、桜が満開となるのでしょうが、今年は、まだ、満開には、ほど遠い状況です。 但し、樹木葬 陽光の杜にある山桜が、今日時点で6分咲きの状態です。今週後半ぐらいからには、境内全体の桜が満開となるものと思われます。是非、一度見学においで下さい。